BTTSDon't Trust Over 30BTTS Recent News

BTTS BLOG

〜I'm On My Way〜
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | ↑PAGE TOP
Blog移転のお知らせ(補足)
移転先でもこちらに掲載しているバックナンバーをご覧頂くことが出来ます。

■MIZUNO Blog
 http://blog.dto30.com


※こちらのアドレスのBlogは一定期間をもちまして別のコンテンツになる予定です。お早めにリンク、ブックマーク、RSSなどの後変更をお願いします。
| BTTS | 09:17 | comments(9) | ↑PAGE TOP
Blog移転のお知らせ
DTO30 WEB SITE開設に伴い、当ブログも移転いたします。

新しいブログは
■MIZUNO Blog
 http://blog.dto30.com

です。
今後もよろしくお願いします。
| BTTS | 10:52 | comments(0) | ↑PAGE TOP
Don't Trust Over 30 誕生!
ZIMMERMANのバンド名を変えた。
その名も“Don't Trust Over 30”

直訳すると“30歳以上を信じるな”、つまり“大人を信じるな”となる。
僕らメンバーは全員30歳を越えている。(平均年齢は40歳だ!)
そんな僕らにこのバンド名をつけたのは、メッセージだと受け取ってもらってもいいし、ジョークと受け取ってもらってもいいし、自虐ギャグだと思ってもらってもいいし、どんな風に受け取ってもらってもいい。
受け取り方は色々とあるだろう。

何故、バンド名を変えたか…。
それにはたくさんの理由がある。
そのうちのひとつを。
僕自身が“ジンママン”というバンドにパブリックイメージをつけすぎてしまった。
曲を創る時も気付かないうちに「この曲はジンママンらしくないな」などと考えてしまいキャパシティが狭くなってしまっていた。
「もっと自由に音楽をしたい」という想いが強くなり、そのための手段のひとつとしてバンド名を変えることにした。
かなり前から考えていたことで、僕自身それを決めてから、肩の力の抜けた曲が創れるようになった。
それだけでも、バンド名を変えるデメリットよりもメリットのほうが上回った。
そしてメンバーにも話したがみんな快諾してくれたので改名が決まった。

バンド名に込めたかったものは、
大人になってもこんな風にバンドができるんだぜ、ということを伝えるため年齢的なものを入れたいと思った。
同年代の人たちにも、後輩たちにも「どうだい?カッコイイだろ!」と言いたかった。

何はともあれ、まだスタートしたばかり。
これからも応援してください。

MIZUNO Eiji


■Don't Trust Over 30 WEB SITE■
| Don't Trust Over 30 | 16:40 | comments(0) | ↑PAGE TOP
Don't Trust Over 30 誕生!
ZIMMERMANはDon't Trust Over 30に改名しました。
今後も応援よろしくお願いします。
| ZIMMERMAN | 16:20 | comments(3) | ↑PAGE TOP
初対面
*050521

彼女が外出だったので、エスとふたりで留守番。
エスとコミュニケーションした後、髪を染めた。
しかし、労力も空しくあまり染まらなかった。

エスに昼食を与えしばらく遊んだ後、ひとりで外出。
近くの電気店で、彼女の実家から借りてきているビデオカメラ用のテープを買いに。
これは明日使う。
そのまま銀座まで。
アップルストアに行き買い物。
土日の銀座、当たり前だが駐車場がどこもいっぱいでやむなく路駐。
“目指せ!ゴールドカード(運転免許証)”なので、本当はゆっくりと見て回りたかったが、急いで目当てのモノだけ購入。
無事に無事故無違反(あれ?おかしいね。違反しているもんね…。“無検挙”とかって言ったほうがいいのかな…?)は守られた。

家に着き、たまっているビデオを観ようとしたが、見始めて数分で意識が薄れていく。
木〜金と泊まりだったのでその疲れが来たようだ。
そのままソファでうたた寝。

目覚めれば夜!
エスに夕食を与え、彼女を迎えに行く。
帰り道に自分の夕食。
一旦自宅に戻りエスを連れて僕の実家まで。
両親にエスを紹介した。
最初のうちは、尻込みしていたが、しばらくすると慣れてきたようだ。
両親も喜んでいた。


*050522

姪は幼稚園の頃から犬を欲しがっていたらしい。
その時は「まだ小さいから、小学生になってからね」と言われ、
小学校1年生になったら「学校が始まったばかりで大変だから、2年生になったらね」と言われ、
2年生になったら「まだ、お世話できないでしょ、3年生になったらね」と言われ、
3年生になった今年は「犬は高いんだよ、貯金が貯まったらね」と言われ、
僕の彼女が犬を飼うと言いだしてから「(姪の)お家では飼うの難しいから、ちゃぁちゃん(彼女)とミズリン(僕)のうちで飼おうか?」という提案にのり、「ワンちゃんは飼った後もすごくお金がかかるから、みんなで貯金してそれが貯まったら飼おうね」と言われていた。
姪は犬を飼うのをとても楽しみにしていた。

しかし、今回、エスを飼い始めたことは、まだ姪には言っていない。
今日、会わせて驚かせるつもりでいた。

今日は姪とおもちゃ屋に行き、その後ペットショップを見に行く約束をしていた。
最近、彼女が姪に「どんな仔がいい?」とか「色々と買わなくっちゃね」など、本気で犬のことばかり話すので、今度こそ本当に飼ってもらえるのだと思っていたのだろう。
迎えに行くと姪が僕と彼女宛に手紙を書いたので読んでほしいと言う。
その手紙には姪と彼女と僕の絵がありその中には犬もいて、みんなで犬の洋服を選んでいる所が描かれていた。
そして『200,000万円(これだと20億円だが20万円と書いたつもりだろう)貯まりました。犬を買ってください。』と書いてあった。
僕と彼女は顔を見合わせて笑った。まだ内緒だよ。
僕から姪に話しがあると言って対面し、みんなの言うことをちゃんと聞くことを約束した。
「じゃあ今日は犬を飼うのに必要なものを色々と買いに行こう!」
「だけど、今日は犬は買わないよ!だからねだっちゃだめだからね!」
などと話した後、出発。

最初におもちゃ屋さんに行った。
買い物に行ったわけではなく、

デカタマゴッチトツウシンスル

と言う。
最初はなんのことだかさっぱりわからなかった。
たまごっちの大きいのがあり、そこでしか手に入らないものやできないことが色々とあるらしい。
ひとしきり遊んだ後、ペットショップへ。

僕は必要なモノを選ぶためグッズのコーナーを探す。
姪は犬のところへ直行する。
一通り犬を見た後、一緒にグッズを選ぶ。
あれも必要これも必要と言う姪に対して、犬はもういるから買ってあると言えずに、それは今度ね、と言ってなんとかぼやかした。
それでもペットシーツなど、かなり具体的なものを買ったので姪の“本気度”はますます上がった。
子供は勘が鋭いので気付かれるかとも思ったが大丈夫だったようだ。
帰りもなかなかペットショップから出ようとせずに犬に後ろ髪を引かれていた。
車の中で「(今行ったペットショップにいた)あの仔でもいいのに…」とか「早く飼いたいなぁ」と犬のことばかり話していた。

荷物を置きに行くという大義名分を得て、エスの待つうちへ。
昨日買ってきたビデオテープをセットしたカメラを、出かける前にセットしておいた。
姪とエスの初対面をビデオに収めるためだ。
彼女を先に行かせてカメラを構える。
姪と一緒に手を洗い、顔も洗わせて時間を稼ぎ、リビングへ入る。
ゆっくりとエスのいるゲージを見せる。
頭の上に?マークと!マークが連発するのが本当に見えるような顔をして「え〜?」「何?」など言葉にならないことを連発している。
すごくうれしかったのだろう。
目から涙がポロポロと落ちている。
つられて彼女も泣いている。
その後、抱っこさせたり遊んだりした。
「夢じゃないよね」を連発している。
驚いて、うれしくて、泣いて、遊んで、姪も落ち着くと「お腹が空いた」と言い出す。
色んなことがあって疲れたんだね。
食事に行った先でもエスのことでうれしそうにしていた。

僕の母が近所の公園のお祭りに参加しているというので行ってみる。
母はすでに撤収していて会えなかった。
出店で買った水飴を食べた姪はベトベトになってしまい、一度姪のうちへ帰る。
そこでも姪はうれしそうに家族に報告していた。

エスと一緒に4人(3人+1匹)で僕の実家へ遊びに行くことになり、うちに戻る。
姪のうちに寄った後、実家に向かう。
実家のすぐそばに着く頃、エスが泣き出した。
エスはトイレがしたい時に泣き出すようだ。
まだ外を歩かせたことはないがやむなく車を降ろしてトイレをさせようとする。
しかし、初めて外を自分の足で歩くエスは周りが気になってしまいなかなかトイレをしない。
かなり粘ったが仕方なく一度うちに帰る。
そこそこ時間がかかったがなんとかトイレをして再度実家へ向かう。
実家に彼女のお母さんが作ってくれたバラ寿司を届けたのだが、一緒に食べる事になりみんなで食べた。

そのまま姪を送ってから、帰宅。

今日は色々と大変だったので疲れた。
それにしても姪は本当にうれしそうだった。
| es | 11:10 | comments(0) | ↑PAGE TOP
“できちゃった婚”のような出来事 その2 〜es〜
これまでのBlogを読み返してみるとヒントはたくさんある。
わかったかな?

そう、僕らは犬を飼い始めた。
これまで「飼いたい」と思っていたのだが、それは突然やってきた。
そう、これが“できちゃった婚”のような感じなのだ。

それは・・・
いつかは結婚しようね、と考えてはいたものの、結婚に対する様々な準備(心の準備、お金の準備、将来設計などなど)ができてないうちに子どもができてしまい、結婚してしまう。
ように・・・
いつかは犬を飼おうね、と考えてはいたものの、犬を飼う様々な準備(心の準備、お金の準備、将来設計などなど)ができてないうちに可愛い仔と出会ってしまい、犬を飼ってしまう。
という感じ。

犬を飼うのはとても大変なこと。
だから大いに悩んで、決断するにも相当な決心が必要だった。

うちにやってきた小さな家族に僕らは“エス”と名付けた。


*050517

代休があったので休みを取った。

犬を飼うために最低限のものは揃えて迎えたが、何にせよ、急にうちに来てしまったので、まだ足りないものもあったのでそれらを買いそろえるのと、初めての健康診断のためエスを病院に連れてゆく。
買い物は近くだったので“外に慣らす”“車に慣らす”ことをついでにエスも連れて行った。
初めての事だらけで目をまんまるにしていたが、すぐに慣れてきた。
病院でもおとなしくしていた。
しかし、きっと何をされているのか理解できなかったのだと思う。

エスはおてんばだ。
うちに来てしばらくはおとなしくしていたが、早くも環境の変化に慣れてきたらしく、ぴょんぴょんとうれしそうにはね回っている。
少し突っ走ってしまう傾向にあるので、落ち着いたらがんばってしつけなければ。
| es | 12:00 | comments(0) | ↑PAGE TOP
“できちゃった婚”のような出来事
*050514

前日の夜、近所のTSUTAYAが100円レンタルをしていたので、少し遅かったが、姪を連れて行った。
僕と彼女はテレビで録画したモノがたまってしまっているのでビデオは借りずにCDを数枚借りた。
姪はアニメのビデオを借りて、僕らに触発されてか、これまであまり借りていないCDを借りた。

姪の借りてきたCDを焼いてあげるためにCD-Rを買いに秋葉原まで。
僕は今の会社の前に秋葉原にいたので、自分に必要な類のものは安い店を知っている。
その後、今回のブログのタイトルにつながる所へ行き、帰宅し、スポーツクラブへ。


*050515

とても風の強い1日だった。
割引券の有効期限が迫っていたのでスポーツショップへ。
彼女がスポーツクラブ用のTシャツを買った。
その後、すっかり定番コースとなったパン屋へ。
地元に戻ってからユニクロで下着などを購入。
姪に昨夜焼いてあげたCDを届けに行った。

さてさて、この後が大変だった。
僕と彼女で、悩む・・・・・悩む・・・・・悩む・・・・・・・・・・
何時間も悩む・・・・・悩む・・・・・悩む・・・・・・・・・・
そして今回のブログのタイトルの出来事につながる。

う〜ん、、、、、
続きはまた今度。(←そんな大げさなことではない、けど僕らにとっては一大決心)
今回はここまで。
| es | 10:26 | comments(0) | ↑PAGE TOP
GW-3
*050507

スポーツクラブへ行った。
その後、姪の送迎をしながら買い物。


*050508

姪に家族との連絡用に携帯電話を持たせたいと彼女のお母さんがいうので探しに行った。
いつも行くTSUTAYAにTOYOTAのディーラーが隣接していて、そこで見た“ぴぴっとフォン”というのに目をつけていた。
パンフレットを見ると同じような機種で“安心だフォン”というのがあるのを知った。
僕がこれまで携帯電話を購入していた店舗に問い合わせてみるとTOYOTAの“ぴぴっとフォン”の半額以下で購入できるという。
しかし“ぴぴっとフォン”と“安心だフォン”に、機能の違いが2点ほどあり、どちらにするか悩む。
しかし、姪はルックスだけで“ぴぴっとフォン”にしたいと言う。
値段は“安心だフォン”の倍以上。
確かにどちらもひと昔前の携帯のようで、決して可愛くはないが、“安心だフォン”がシルバー1色に対し“ぴぴっとフォン”はピンクやブルーなど子どもの好きそうな色を使い、また表示されるフォントもゼロが顔のようになっていたりとひと工夫されている。
印鑑なども持参していなかったので購入しなかったのだが、姪がぐずるぐずる。
最終的には彼女のお母さんに納得させられていた。



今年のゴールデンウィークもこれで終了。
特別どこに行くこともなかったが、バンドのリハ以外は、家族のことで動いた。
そんなゴールデンウィークだった。
| Private | 16:29 | comments(0) | ↑PAGE TOP
GW-2
*050503

2日深夜まで仕事だった。
遅く起きて準備をして、仕事関係で出かける彼女を送った。
今日は久しぶりのバンドのリハ。
しかし、茂さんは仕事で来られないため3人だった。
3人、のはずだったが蛇石くんも体調不良で欠席し、結局真さんと僕の2人でやった。
新曲4曲をやったが、そこそこスタートラインに立ったと思う。
これまでは、僕がヘッドアレンジまでしていたので、どうしてもその雰囲気や構成を引きずってしまい、なかなかブラッシュアップすることができなかった。
今回の4曲は僕が作っていったのは詩曲だけでアレンジはしていない。
それぞれの曲について、頭の中にはアレンジが完成に近いカタチであるが、メンバーのPLAYに期待。
真さんとのリハは有意義に終了した。


*050504

藤まつりが開催中の亀戸天神に。
今日は甥のお宮参り&初節句。
僕は運転手兼ビデオカメラマン。
亀戸天神で祈祷していただいた後、写真を撮るためスタジオに。
ニュース番組『ブロードキャスター』がそのスタジオの特集をするということでTVカメラが入っていた。
僕はその横で甥にビデオカメラを向けていた。
僕らはそのTV撮影には巻き込まれずに撮影終了。
その後、地元で食事会。


*050505

先日、結局見つけることができなかった母の日のプレゼントを選びに再度出かけた。
地元の商店街を歩いたが見つけられず、車で大型ショッピングセンターまで。
この前も見たのだが、その時に見つけられなかったものを発見。
悩んだ挙げ句その品に決定し、購入した。
ショッピングセンターにいる間に中学時代からの友人2人から電話が入った。
一人はBTTS RECORDSや『深海魚』のトラックも作ったともやから。
このブログを読んで電話したそうだ。
もう一人は整体士をやっている友人からだった。
なんの話かと思ったら、結婚の報告だった。
なんだか僕と彼女の周りでは最近おめでたいことが多い。
結婚や出産など・・・。
なんだかハッピーだよね。
その後、僕の両親と彼女の両親+姪の7人で食事した。
姪は大人数が好きなのでとても喜んでいた。


とりあえず、6日は仕事でその後土日でまた2連休。
うれしいけど少しだるい。
続けて休めればいいのに・・・。
でも、それはそれで復帰した時につらいのかな・・・。
どちらにしても以前の会社にいた時と比べたら天国だけどね。
| Private | 09:54 | comments(0) | ↑PAGE TOP
GW-1
*050428

徹夜作業分の代休を取った。
起きてからゆっくりとして、スポーツクラブへ行った。
現在、毎週のように木曜日が泊まりの仕事が入るまではヒップホップダンスのスタジオプログラムに参加していたが、行けなくなってしまっていた。
木曜日は、昼間と夜にそのプログラムがあり、まず昼間に参加した。
しかし、ほとんどついていけなかった。
その後、買い物の後、彼女の実家に行った。
姪が遊びに来るおじさんにNDSソフト『ニンテンドッグス』を買ってもらうための小遣いをもらって喜んでいた。
姪自身が千葉の方に遊びに行く予定があるのに、それを中止して「明日一緒に買いに行こう!」と言われた。
それなら・・・
パジャマを着ていた姪を着替えさせ、車で近くのゲーム屋へ。
その日のうちに買ってしまった。


*050429

姪は、千葉へ遊びに行った。

僕らはジンママンの飲み会へ。
今日はメンバーの赤ちゃん誕生のお祝い。
音楽の話はもちろん、様々な話で盛り上がった。
蛇石くんが男の子を連れてきた。
鍵盤をやっているという。
以前からバンドに鍵盤を入れたいと話していたので連れてきたのだろう。
そのつもりで話をしていると、ちょっと咬み合わない部分が出てきた。
蛇石くんが今日の飲み会のメンバーを説明していなかったのだ。
つまりこっちはジンママンのメンバーだと認識されていると思い話していたのだが、その鍵盤の子は単にそれぞれ音楽をやっている人たちが集まって飲んでいると思っていたのだ。
蛇石くんにしてやられた格好となった。
結局鍵盤の子も僕らの雰囲気に押されてか、とりあえず一度スタジオに入ることにした。
きっと蛇石くんは思惑通りにことを運んでほくそえんでいるかもしれない。
また面白くなりそうだ。


*050430

午後から姪と遊んだ。
姪のリクエストで時間制のゲームセンターに。
1時間だけ遊ぶつもりだったが、ゲーム、ビリヤード、スカッシュ風テニスなどをして気が付いたら3時間近く遊んでしまっていた。
移動中や食事を待っている間など、姪は『ニンテンドッグス』に夢中だった。

夕食にお好み焼きを食べた。
味は悪くなかったがシステムと換気に問題あり。
姪はきっと二度と行かないだろう。


*050501

母の日を控えプレゼントを選びに。
本当に年中誰かへのプレゼントを探している。
まず最初に行ったデパートではピンと来るモノがなかった。
一度帰宅してスポーツクラブへ。
その後、再度別のデパートへ行ったが結局母の日のプレゼントは決められなかった。
これで、母の日が終わっても次は父の日だ。
まだまだ続く・・・。
| Private | 09:51 | comments(0) | ↑PAGE TOP
 
OTHERS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.