BTTSDon't Trust Over 30BTTS Recent News

BTTS BLOG

〜I'm On My Way〜
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | ↑PAGE TOP
Don't Trust Over 30 誕生!
ZIMMERMANはDon't Trust Over 30に改名しました。
今後も応援よろしくお願いします。
| ZIMMERMAN | 16:20 | comments(3) | ↑PAGE TOP
新曲
この前の『答えはシンプル』に続き新曲が完成。
この曲もまたこれまでのジンママンにはないタイプの楽曲。
50's、60'sやマージービートを意識して作った。
詩もこれまでとは異なる言葉をチョイスした。

今まで、自身で作ってしまった“水野映仁”や“ジンママン”のイメージにとらわれていたような気がする。
なので、この2曲は特に、僕の中にあった既成概念を壊すところから曲創りに着手した。
これからも何かにとらわれることなく自由に曲を創っていきたいと思う。

新曲のタイトルは
『只今見参!』

早くバンドでライブがしたいね。
| ZIMMERMAN | 15:10 | comments(0) | ↑PAGE TOP
新曲とりあえず1曲完成
新曲の詩・曲が完成した。
残りはデモトラック制作〜バンドメンバーによるアレンジ。

久しぶりの新曲はこれまでのジンママンにない感じのリズム。
このところ、ちょっとひねったコード進行の曲が多かったが、この曲は転調こそするけれど、とてもシンプルにした。

詩もこれまでの主人公は“少年”である、または“少年”であろうとする10代〜20代の“僕”や“俺”だったが、この曲は20代以上で仕事を持ち、家庭も持っている“僕”、いわゆる“大人”が主人公だ。
大人になると色々なことが複雑になってくるけど、とても単純なところに答えはある。という曲。

タイトルはそのものズバリ!

『答えはシンプル』
| ZIMMERMAN | 09:24 | comments(0) | ↑PAGE TOP
ゼロのライブ
*050405
諸事情がありバンドでのライブが先送りになってしまっているが、とりあえず、茂さんとふたりでのライブができた。
今回は珍しく3バンド中1番目、トップでの出演。
本当に急に決まったライブだったのでHPに告知を載せるのが精一杯で、DMなど他のアナウンスはすることができなかったので、実質のお客さんはゼロだった。
しかし、会場には僕らの後に出演するバンドたちのお客さんがいたので、なんとか格好がついたカタチになった。
僕はなんとなく演奏している実感のないまま終了した。
片付けた後、会場で次のバンドを観た。
僕らのすぐ後に演奏したバンドは、なかなかイキがよくて観ていて楽しかった。
3番目のバンド(?)は、2曲目の途中で撤収した。
帰りも早く、食事に行ったのだが、その時も、またその後も“今日がライブだった”実感は伴わなかった。
あまりにもバタバタだったからかな?
ライブが決まったのも急だったし、会場に入って荷物を置く間もなくサウンドチェック、本番もなんだか急に始まったし…。
そんな“ゼロ”なライブだったが収穫はあった。
また、新曲の種が産まれた。
| ZIMMERMAN | 09:24 | comments(2) | ↑PAGE TOP
ZIMMERMAN LIVE 急遽決定
ジンママンのライブが急遽決まった。
なんと来週の火曜日だ。
もちろんリハをしている時間はない。
ぶっつけ本番。
しかし、もう10年以上一緒にPLAYしている茂さんとふたり。
不安はない。
このところ、新曲制作もしてはいるのだが、まだ披露するには至らないので、セットリストが似たり寄ったりになってしまっている。
反省。
早く新曲を引っ提げてバンドで思い切り演奏したい。

僕も含めてメンバーが、音楽以外のところで忙しくなってしまっている。
昨年末の忘年会で話し合ったこともなかなか実行に移せない。

新曲が1曲、もうすぐ完成というところまできている。
その歌の出だしがこうだ。

〜大人になると色々あってさ
 やりたくないなんて言えない時のほうが多い〜

色々あるんだよ、色々ね。
| ZIMMERMAN | 22:35 | comments(0) | ↑PAGE TOP
Thanks A Lot!
2/8ジンママンのライブ。
急に決まった上に平日、更に当日の悪天候という状態の中、来てくれたみなさんに本当に感謝します。
どうもありがとう。

個人的な問題点は多々あったものの、無事終了することができた。
今後はもう少し僕自身がバカみたいに手放しで楽しんで演奏できるような曲も書いていきたくなってきた。
方向転換ではないけれど、少し幅を広げていこうと考えている。
それに伴って、もうひとつ、今後の活動に関して考えていることがあるが、それはまだ内緒。

さて、新曲でも産もうか…。
| ZIMMERMAN | 10:12 | comments(0) | ↑PAGE TOP
リハ
*050206

2/8のライブのための最終リハーサルを茂さんとした。
昨年のライブ以来、満足に演っていないため、ギターを弾く指がすぐに痛くなり声の出もあまりよくなかった。
しかし、全体的な出来はそこそこ普段通りで、特に心配にはならなかった。
それに、今回のライブのテーマは僕ら自身が楽しむことにある。
今日からコンディションを整えて明日の本番に望もう。
| ZIMMERMAN | 09:09 | comments(0) | ↑PAGE TOP
大塚RED ZONE
昨夜、ジンママンのDr.蛇石くんのところに大塚RED ZONEのブッキングマネージャーの人から連絡があったそうだ。
大塚RED ZONEは2002年終わりにイベントで出演した際に気に入ってもらえて2003年1月から好条件で出演させてもらっていた。
同年7月の大塚RED ZONEでのライブを最後に1年間の充電に入ったため、それ以来連絡もしていなかった。
ジンママンが活動休止している間に蛇石くんが他のバンドで大塚RED ZONEに出演した際に「ジンママンはやらないの?」と聞かれていたそうだ。
1年半もの間、出演していなかったのに(蛇石くんが言ってくれたのだろう)活動再開を知り、また出演してほしいという依頼を受けた。
山のようにいるバンドが出演しているライブハウスなのに、ジンママンのことを気にかけてくれていた。
なんだかとてもうれしかった。
大塚RED ZONEは現在のメンバーで最も多くのライブをやっているハコ。
これからもまた出演できると思うと、とても楽しみだ。
まだ具体的な日程は決まっていないが必ず出演すると思うし、いいライブをやりたいと思う。
| ZIMMERMAN | 15:34 | comments(2) | ↑PAGE TOP
2005年一発目!
来る2/8にジンママンのライブが急遽決まった。
昨年から出演し始めたKABUTOで演るのだが、ここからのオファーはいつも突然だ。
今回も本番まで2週間を切ってからのオファーだった。
エレクトリックセットの場合は難しいが、アコースティックセットの場合、準備はバタバタするが、緊張感があって結構楽しめる。
これまで僕はライブは“戦い”だと思って挑んできた。
しかし、昨年からは気分的に少し変化して“戦い”の中にも“FAN(楽しみ)”の部分も感じる様になってきた。
今回のライブも“FAN”を感じられるようにできたらと思う。
| ZIMMERMAN | 16:31 | comments(0) | ↑PAGE TOP
新年会
*050108

仕事を終えて新宿へ。
ジンママンの新年会をした。
楽曲についてや今年の活動について話した。
ライブ活動はもちろんだが音源の制作をしていく方向で意見は一致した。
最初に入った居酒屋が2時間制だったので、その店を追い出されてから『新宿KENTO'S』というライブハウスに行った。
僕も含めてメンバー全員、ケントスグループに属していたことがあるので、思い出話に花が咲いた。

メンバーにあって再確認した。
本当にいいバンドになった。

さて2005年も始動だ!
| ZIMMERMAN | 09:12 | comments(0) | ↑PAGE TOP
 
OTHERS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.