BTTSDon't Trust Over 30BTTS Recent News

BTTS BLOG

〜I'm On My Way〜
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | ↑PAGE TOP
初対面
*050521

彼女が外出だったので、エスとふたりで留守番。
エスとコミュニケーションした後、髪を染めた。
しかし、労力も空しくあまり染まらなかった。

エスに昼食を与えしばらく遊んだ後、ひとりで外出。
近くの電気店で、彼女の実家から借りてきているビデオカメラ用のテープを買いに。
これは明日使う。
そのまま銀座まで。
アップルストアに行き買い物。
土日の銀座、当たり前だが駐車場がどこもいっぱいでやむなく路駐。
“目指せ!ゴールドカード(運転免許証)”なので、本当はゆっくりと見て回りたかったが、急いで目当てのモノだけ購入。
無事に無事故無違反(あれ?おかしいね。違反しているもんね…。“無検挙”とかって言ったほうがいいのかな…?)は守られた。

家に着き、たまっているビデオを観ようとしたが、見始めて数分で意識が薄れていく。
木〜金と泊まりだったのでその疲れが来たようだ。
そのままソファでうたた寝。

目覚めれば夜!
エスに夕食を与え、彼女を迎えに行く。
帰り道に自分の夕食。
一旦自宅に戻りエスを連れて僕の実家まで。
両親にエスを紹介した。
最初のうちは、尻込みしていたが、しばらくすると慣れてきたようだ。
両親も喜んでいた。


*050522

姪は幼稚園の頃から犬を欲しがっていたらしい。
その時は「まだ小さいから、小学生になってからね」と言われ、
小学校1年生になったら「学校が始まったばかりで大変だから、2年生になったらね」と言われ、
2年生になったら「まだ、お世話できないでしょ、3年生になったらね」と言われ、
3年生になった今年は「犬は高いんだよ、貯金が貯まったらね」と言われ、
僕の彼女が犬を飼うと言いだしてから「(姪の)お家では飼うの難しいから、ちゃぁちゃん(彼女)とミズリン(僕)のうちで飼おうか?」という提案にのり、「ワンちゃんは飼った後もすごくお金がかかるから、みんなで貯金してそれが貯まったら飼おうね」と言われていた。
姪は犬を飼うのをとても楽しみにしていた。

しかし、今回、エスを飼い始めたことは、まだ姪には言っていない。
今日、会わせて驚かせるつもりでいた。

今日は姪とおもちゃ屋に行き、その後ペットショップを見に行く約束をしていた。
最近、彼女が姪に「どんな仔がいい?」とか「色々と買わなくっちゃね」など、本気で犬のことばかり話すので、今度こそ本当に飼ってもらえるのだと思っていたのだろう。
迎えに行くと姪が僕と彼女宛に手紙を書いたので読んでほしいと言う。
その手紙には姪と彼女と僕の絵がありその中には犬もいて、みんなで犬の洋服を選んでいる所が描かれていた。
そして『200,000万円(これだと20億円だが20万円と書いたつもりだろう)貯まりました。犬を買ってください。』と書いてあった。
僕と彼女は顔を見合わせて笑った。まだ内緒だよ。
僕から姪に話しがあると言って対面し、みんなの言うことをちゃんと聞くことを約束した。
「じゃあ今日は犬を飼うのに必要なものを色々と買いに行こう!」
「だけど、今日は犬は買わないよ!だからねだっちゃだめだからね!」
などと話した後、出発。

最初におもちゃ屋さんに行った。
買い物に行ったわけではなく、

デカタマゴッチトツウシンスル

と言う。
最初はなんのことだかさっぱりわからなかった。
たまごっちの大きいのがあり、そこでしか手に入らないものやできないことが色々とあるらしい。
ひとしきり遊んだ後、ペットショップへ。

僕は必要なモノを選ぶためグッズのコーナーを探す。
姪は犬のところへ直行する。
一通り犬を見た後、一緒にグッズを選ぶ。
あれも必要これも必要と言う姪に対して、犬はもういるから買ってあると言えずに、それは今度ね、と言ってなんとかぼやかした。
それでもペットシーツなど、かなり具体的なものを買ったので姪の“本気度”はますます上がった。
子供は勘が鋭いので気付かれるかとも思ったが大丈夫だったようだ。
帰りもなかなかペットショップから出ようとせずに犬に後ろ髪を引かれていた。
車の中で「(今行ったペットショップにいた)あの仔でもいいのに…」とか「早く飼いたいなぁ」と犬のことばかり話していた。

荷物を置きに行くという大義名分を得て、エスの待つうちへ。
昨日買ってきたビデオテープをセットしたカメラを、出かける前にセットしておいた。
姪とエスの初対面をビデオに収めるためだ。
彼女を先に行かせてカメラを構える。
姪と一緒に手を洗い、顔も洗わせて時間を稼ぎ、リビングへ入る。
ゆっくりとエスのいるゲージを見せる。
頭の上に?マークと!マークが連発するのが本当に見えるような顔をして「え〜?」「何?」など言葉にならないことを連発している。
すごくうれしかったのだろう。
目から涙がポロポロと落ちている。
つられて彼女も泣いている。
その後、抱っこさせたり遊んだりした。
「夢じゃないよね」を連発している。
驚いて、うれしくて、泣いて、遊んで、姪も落ち着くと「お腹が空いた」と言い出す。
色んなことがあって疲れたんだね。
食事に行った先でもエスのことでうれしそうにしていた。

僕の母が近所の公園のお祭りに参加しているというので行ってみる。
母はすでに撤収していて会えなかった。
出店で買った水飴を食べた姪はベトベトになってしまい、一度姪のうちへ帰る。
そこでも姪はうれしそうに家族に報告していた。

エスと一緒に4人(3人+1匹)で僕の実家へ遊びに行くことになり、うちに戻る。
姪のうちに寄った後、実家に向かう。
実家のすぐそばに着く頃、エスが泣き出した。
エスはトイレがしたい時に泣き出すようだ。
まだ外を歩かせたことはないがやむなく車を降ろしてトイレをさせようとする。
しかし、初めて外を自分の足で歩くエスは周りが気になってしまいなかなかトイレをしない。
かなり粘ったが仕方なく一度うちに帰る。
そこそこ時間がかかったがなんとかトイレをして再度実家へ向かう。
実家に彼女のお母さんが作ってくれたバラ寿司を届けたのだが、一緒に食べる事になりみんなで食べた。

そのまま姪を送ってから、帰宅。

今日は色々と大変だったので疲れた。
それにしても姪は本当にうれしそうだった。
| es | 11:10 | comments(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:10 | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









 
OTHERS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.